カテゴリ

カテゴリ:メディア露出

【お知らせ】「ニュース東京の下水道」最新号(No.249)が発行されました

カテゴリ:

【お知らせ】東京都下水道局広報誌「ニュース東京の下水道」最新号No.249(2017年12月号)が発行されました。




都内関連施設(区役所、下水道施設関連、都営交通、都営地下鉄主要駅構内等)にて、本日から配布開始!




今回の「鉄蓋大好き!」のテーマは蓋の裏面です。


今回もゆる〜い内容です。


が、ゆるいと思っているのは書いている本人だけのようで、家族からは「マニアックすぎる」や「この広報誌の中で異質」などと言われて少し凹んでいます。


いや、実際、かなりゆるいのですよ。

さっくりと、ゆるく軽くしか書いていません。というか、スペースの関係で書けませんでした。無念。


だって、色々調べたり、鉄蓋メーカー中の人にも色々教えていただいたりした興味深い内容の50分の1も書けなかったのですT^T


以前から鉄蓋の裏面は大好きでしたが、改めて調べてみると奥が深くて楽しくて、論文として書きたいくらいです。


でも、広報誌なのであまりマニアックになってもいけないという、毎回悩んでしまう問題があるので、今回もざっくりゆるい内容になっています。


細かく書こうとするとスペースが足らない、ざっくりした表現にすると、語弊があったり厳密に言うと違うことも出てくる。

そのさじ加減が毎回難しいです。


でも、一生懸命書きました。

手にとった方に少しでも楽しいと思っていただけたら嬉しいです。


見かけた際には、是非お手にとってご覧ください。

よろしくお願いします。

いよいよ明日放送!

カテゴリ:
TBS「マツコの知らない世界」のマンホール蓋ネタが、いよいよ明日放送!

我らが駅から師匠とみわさんが出ますよー。


公式HPにある番組の紹介文によると、
『◆「街に出たくなるマンホールの世界」

マンホールブーム到来!「今までカメラに収めてきたマンホールの蓋は1万種類以上!」という白浜公平さんと小金井美和子さんの師弟コンビが登場する。

マンホールを見ればその種類や歴史が紐解ける!その場所にしかない1点モノのマンホール、更には使われていたロゴマークなどのウンチクに加え、鉄くずになってしまったら二度と取り戻せない存在の儚さまで、余すことなく語りつくす!』


とあります。
30分の枠なので、いつもニュースなどのTVや雑誌で取り上げていただくよりも幅広く紹介してもらえそうですね(^^)
(今回流れるだろう内容と同じ事を、私もみわさんも数年前からずっと、毎回取材される度に資料と合わせて話しているのですが、だいたいがカットで、そのほとんどが「マンホール女子、蓋女、可愛い、変わった趣味」辺りの扱いになっていました。
もうね、半ば諦めていますけどね。。。)

今年3月放送されたタモリ倶楽部(くしゃまんべ店長と駅から師匠が出演)では、ちゃんと"マンホールの蓋"のことだけに注目した内容でした。
今回も男性が入ることで、ちゃんと取り扱ってもらえると期待大です。

まあ、そんなことより、私はみわさんと師匠が一緒に出ているのを見るだけで幸せなのですが。
楽しみだな〜♪( ´▽`)

この前のマンホールナイトの様子も多分出ますよ〜!

マツコの知らない世界「街に出たくなるマンホールの世界」は、明日12月5日(火)TBS系列で夜8時57分から放送です!
要必見!

マツコの知らない世界マンホール回、いよいよ来週!

カテゴリ:
来週の火曜、12月5日の「マツコの知らない世界」は、サバ缶とマンホール蓋ネタ!

録画予約しようとしたら、番組解説欄に
「マンホール:白浜公平さん、小金井美和子さん」の表示が!!


駅から師匠とみわさんの名前が出てるっ!!

みわさん情報によると、どうやら思ってもみないいじられ方をしたとか。
どんな内容だろう。楽しみすぎる!

いよいよ来週。
待ち遠しい(о´∀`о)

放送日まではこのリンクから予告編も見られます。


11月3日に開催されたマンホールナイト9には、マツコの知らない世界のロケが入っていたので、その時の様子も少し映ると思います。
私もほんのすこーしだけ出るかもしれません。出ないかもしれません。

シン・ゴジラに出てきたマンホール蓋の場所が判明!

カテゴリ:
昨日の西荻暗渠サロンで私が発表した中で「情報求む!」と言っていた例の蓋のシーン。

その場所が判明しました!

なんと!映画の内容には全く関係のない西荻窪
JKSサイクルパーク西荻窪前でした。 

品川や蒲田周辺ではなく、西荻窪の高架下とは。
どうりで品川や蒲田界隈をみわさんと一緒に探しまくっても見つからなかったわけですね。

三人の方が情報を寄せてくださいました。
今から一時間半くらい前にTwitterでリプライをいただき、 深夜にもかかわらず一時私のTLはこの話題で騒然!
いやあ、本当にすごい! 

何がすごいって、これは前後のつながりが全く無いランダムな場所がいくつも出てくるシーンだったのと、引きの絵もなかったので、いつものようにつながりから特定するというのができずかなり難儀していたシーンだったのです。

「ゴジラ上陸の翌朝、上陸とは関係のない場所ではいつもの日常が訪れる」というシーンで、江東区や神奈川あたりも映っていたので、被害を受けていない場所となると広すぎてお手上げ状態でした。

映っている路上の様子の特徴から都内であることはわかっていましたが、まさかの西荻!離れすぎ!

なので、鉄蓋クラスタとしては無念だったのですが、昨日の発表で「情報求む!」とお願いをしていたところ、まさか一日で判明するとは!!
いやはや、特定された方は本当にすごい! 

で、この場所の情報は他にもありました。
なんと庵野監督の職場、スタジオカラーの目の前の交差点!!
その屋上または外階段から撮ったもののようです。
53
 
スタジオ近くがロケ地というのは、予算のないアニメ制作によくある手法なのに、まったく頭をかすめもしませんでした。

アニメに登場するマンホール蓋の研究発表をしている私がなんというていたらく!

しかも、この場所は昨日暗渠サロンをやった会場(西荻窪駅高架下のマイロード内)からすぐの場所!
暗渠的にも非常にゆかりのある場所だとか!
あまりの符合の仕方に大興奮でした。

そしてそして。
発表時に来場者から「"ミリ単位で絵に対するこだわりのある"といわれる庵野監督だから、朝のシーンで朝ではないときに撮るわけがない」という意見も出て、長さも含め、朝この影の向きになるところというのを考慮して探してみようと思っていたところ、この場所のこの日の差し方は今ぐらいの時期の昼過ぎごろだとか!

数々の庵野監督のミスリードにまんまとハマってしまったのでした。

いやぁ、しかし。

なんだろう。鉄蓋クラスタとしては完敗なのに、暗渠クラスタの凄さ素晴らしさに触れ、なぜかとても清々しい気分です。
純粋に尊敬と感謝の言葉しか出てきません。

昨日発表を聞いてくださったみなさま、謎蓋の件でツイートしてくださった方々、ありがとうございました!
 
あまりの興奮に、目が覚めてしばらく寝られそうにありません^^; 

このページのトップヘ

見出し画像
×