カテゴリ

カテゴリ:乗り物

東急8500系8637Fがカラフル塗装に

カテゴリ:

今日たまたま遭遇した東急8500系8637F。

大好きな青帯の様子がちょっと違う!

FullSizeRender

扉がカラフルになっていました


今月上旬からこの塗装だそうですが、この塗装には何か意味があるのかな?

今までのジャポン玉塗装やTOQ-TV広告などと同じく、なにかの広告?と思って調べても、特に塗装理由や期間などはまだ不明とか。


後日Twitterのフォロワーさんに教えていただいたところによると、この黄・青・赤・緑のカラーは、渋谷Bunkamuraのロゴカラーと同じだとか。

公式発表はまだ何もありませんが、田園都市線なので渋谷Bunkamuraの広告をするのも変ではないですね。

しばらくずっと青帯だけの状態で走っていましたが、元々この編成は、以前から広告車両としてずっと使われてきたので、また広告車両として使われるようになるのかな?


〈2018年3月26日撮影〉

丸善池袋店にやっと行ってきました

カテゴリ:

昨年8月にオープンした、丸善池袋店。

FullSizeRender

やっと行けました!

西武鉄道新2000系と京浜急行電鉄800形の頭をカットしたものがデデーンと置かれているインパクトのある外観。
写真を撮っていた時には気付かなかったのですが、よく見ると、京急800型の運転席にはこんなものが。
IMG_3347
だるまが置いてある!!

京急800型(通称:だるま)だから、だるまが置いてあるのかな。

丸善の社長さんが鉄道好きなのではなく、このビルのオーナーさんが鉄道好きなんだそうで、それが高じてこの二台のカット車(というのかな?)のディスプレイが実現したとか。中には東武7700系もありました。

それにしても芸がこまかい!素晴らしい。


お店の中ももちろん素晴らしく、高級文具から普通の文具まで数多くの品揃えで見ていて飽きません。自宅用はもちろんのこと、プレゼントを探すにも最適。実は私も友達の誕生日プレゼントを買いに来たのでした。

じっくり見すぎて時間がかかってしまい、カフェでお茶する時間がなかったのが残念。
次回はこの裏もじっくり見に行こう(^^)

〈2018年3月12日撮影〉


2018年3月13日追記:
どうやら、このだるまは開店当初からずっと置かれていた訳ではなく、先月または今月置かれたようです。

Twitterのフォロワーさん二人からの情報によると、昨年と今年1月に撮った時にはだるまはなかったそうです。

見せていただいた写真を比べてみると、種別と方向幕の行き先もそれぞれ違っていました。
昨日私が撮った物[西武:区間準急ひばりヶ丘、京急:特急京急川崎]
フォロワーさんA撮影[西武:通勤急行所沢、京急:快特三崎口]
フォロワーさんB撮影[西武:通勤準急入間市、京急:急行金沢文庫]

もしかして、毎月変えているのかな?
凝ってる!!

そして、だるまは京急800形の“だるま”からと、そろそろ決算期なので願掛けの意味もあるのかもしれません。
2018年丸善の決算発表は3月15日。
黒目が塗られるといいですね(^^)

山手線古地図散歩

カテゴリ:
普段JRを使わないので知らなかった!
山手線古地図散歩というモバイルラリーが開催されているのですね。
これは、やらねば!

まだパンフレット置いてあるかなー。

コンテナダンボーガチャ

カテゴリ:

ガチャのコンテナダンボー。


「ダンボーX 19D-4200形コンテナver.」ゲット!




欲しいのが一発で出ました(o^^o)


全6種類。

TOMIXのコンテナとサイズ規格が同じなので、TOMIXコンテナ貨車にセットして飾れますよー。 

聖橋の上から下から

カテゴリ:
今日は橋の日。
ということで、聖橋の写真を。

東京都千代田区の聖橋の上から神田川を臨む。

ちょうど丸ノ内線が通った時に撮影。
タイミングが良ければ、総武線・中央線・丸ノ内線の3線が同時に見られます。たまにかいじも通ったりするので、ずっと見ていても飽きない場所です。

数年前、知人のクルーザーに乗せてもらって神田川を下った時に撮った写真。
聖橋を神田川から見上げるの図。
東京都千代田区神田川に架かる聖橋。
千代田区神田駿河台と文京区湯島を結んでいます。
昭和2年9月に関東大震災復興橋として架けられた橋で、名前は懸賞付き公募で決まったそう。


聖橋を抜けると東京メトロ丸ノ内線の鉄橋があります。
橋を下から見たところ。
複線の状態もよく分かりますね。


川から見てもかっこいい橋たち。

御茶ノ水に行くと、いつも聖橋からこの丸ノ内線の鉄橋や御茶ノ水駅のホームを眺めています。


このページのトップヘ

見出し画像
×