カテゴリ

カテゴリ:マンホールの蓋

箱根駅伝のマンホール蓋

カテゴリ:

お正月といえば箱根駅伝。

箱根駅伝といえば東海道。

東海道といえば、このデザイン蓋。


ということで、新年一発目の蓋は、神奈川県横浜市のデザイン蓋@神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町。



歌川広重の「東海道五十三次 戸塚宿」に箱根駅伝の様子を重ねてデザインし、この土地の過去と現在が同時に見られる素敵な蓋。


蓋は浮世絵そのままの絵ではなく、浮世絵にある旅籠兼茶屋「こめや」の看板が「東海道」の提灯になっていたり、馬がいなかったり。

浮世絵との変更点も比べてみると面白いですね。

大多喜ガスのマンホール蓋

カテゴリ:

旧紋章がカッコよくて大好きな、大多喜ガスの蓋。

大きなどんぐり(マテバシイかな?)がこじり穴にぴったりはまって、季節感もたっぷり。



MDってなんだろう?

ガスの種別か役割の違いか。

ガスは公表されていない(問い合わせても防犯面から教えていただけない事が多い)ので、今ひとつ違いがよく分かりません。


この蓋は「大多喜」が通常の漢字になっていますが、以前見たものは「喜」の字が旧字(?)になっていました。



型の元になるのが手書きの時代だったのでしょうか。

色々な表記があって楽しいです。


小蓋も可愛い(*´∇`*)


旧紋章ではなく、現在のもの入った蓋もありますが、今回は旧紋章の蓋のみで。



あれ、確か電防(電気防食)はTB(ターミナルボックス)表記じゃなかったっけ?

MPって何だろう(*_*)

千葉県八千代市の大きな蓋

カテゴリ:

まずは、人の顔に見えるシリーズ。


千葉県八千代市章入りの大きな量水器蓋。


鼻の穴が長い人みたい。



次は、千葉県章入り印旛沼流域下水道蓋。

120cmくらいでしょうか。

車道だったのもあり、大きくて真上からは撮れませんでした。

アイコンの元蓋との再会

カテゴリ:
昨日は、路上観察仲間総勢10名で横須賀散策に出かけました。

横須賀に行くのは4回目ですが、今回は歩きではなく、初めて車での移動。
というのも、行きたい場所が広範囲だったのでならレンタカーを借りよう!となりまして。

車酔いが怖かったですが、結果的に酔うこともなく非常に楽しい道中となりました。

沢山行ったので、ブログにまとめるのは後日(またか)ということで、今日はひとまず、SNSで自分のアイコンにしている蓋の元となった鉄蓋の写真をどうぞ。


以前案内して頂いたときは雨上がりだったので蓋も濡れていましたが、今回は運良く晴れ(前日までの予報では曇り雨でした)。


アイコンも晴れバージョンに変えようかな。

このページのトップヘ

見出し画像
×