カテゴリ

カテゴリ:日常

写研の写植見本帳を発掘

カテゴリ:
実家に置きっ放しの物を整理していたら、写研の写植見本帳とレターの写植級数表を発見しました。

FullSizeRender
表紙に貼ってある、当時取やりとりしていた写植屋さんの名前と連絡先は塗りつぶしています。

級数表はかなり変色していますね。使用するのに問題はありませんが、時の流れを感じます。

他にもリョービとモリサワの写植見本帳を持っていたはずなのに、それらはとうとう見つからず。

写研の見本帳は中綴じで、リョービとモリサワのは無線綴じ。なので、後発は随分と種類が豊富だなー(だけど使いにくいなー)という感覚でした。
それと、今と違って写植屋も全種類の写植書体を揃えているわけではなかったので、使える書体は今よりも限りがあったように思います。
というか、MB101やMB31ほか、ほんの数書体しかリョービやモリサワ書体は使っていなかったかも。
それだけアナログ時代には写研の写植が主流でした。
特にリョービの見本帳はほぼ開かなかったかも。
(リョービは白地に黄色と黒の表紙で、モリサワは地色が濃い青で白抜きで文字や模様が入っている表紙だった記憶があります)

そんな感じだったので、DTPに置き換わった時、ここまでモリサワが台頭してくるとは思ってもいませんでした。
それどころか「なんで写研はフォント化しないの?早くしてくれればいいのに」と、写研写植のフォント化を心待ちにしていたくらいだったのに。

今の職場では、写研やリョービの存在を知らない人がほとんど。
「リョービって釣り具の?」と聞いてくる人もたまにいましたが、今ではその釣り具も上州屋に移譲して作ってないですし。

職場で保管している会社もほとんどなさそうなので、この見本帳達はアナログ時代の記憶として大切に取っておこうと思います。

GWは断捨離

カテゴリ:
GWはほぼ全ての日にちで衣替え、大掃除、断捨離をしていました。
今回はかなり本格的に断捨離したので、今後は今までより少しだけ使いやすい部屋になりそうです。

発掘した懐かしい物たち。
その1

Appleの6色リンゴシール。

FullSizeRender

Performa 、Power Macintosh 、PowerBookを購入時に付いてきたものかな。懐かしい。
今の白リンゴもいいけど、やはりMacといえばこの6色リンゴの印象です。

その2
漢委奴國王印のレプリカ。
FullSizeRender

学研の科学と学習の付録についていたものです。


文具箱から発掘。懐かしい。

小さい頃のお気に入りでした。

n十年以上前の物をよく取ってあったなー。しかも使った形跡があるし。


今回の断捨離でもこれらはそのまま取っておこう。

ニャイボ

カテゴリ:
aibo本体はまだ買えていませんが、アプリでたまに遊んだりしているaibo。
たまたま昨日起ち上げたところ、アプリ上のaiboが猫になってた!
IMG_3606
エイプリルフールバージョン??

猫耳カチューシャをして、鳴き声も「にゃーん」と猫の鳴き声!

そのほかにも、
手のひら→猫じゃらし
ボール→毛玉
と、猫バージョンになっててなんて可愛い(*´꒳`*) 

今日調べてみたところ、エイプリルフールネタだったそうで、その名も“ニャイボ”。
アプリ上だけでなく、本体もにゃーんという鳴き声になったそう。
「嘘ついて」というと、「ワン」のお返事の後に「にゃーん」と鳴くaibo。猫に変化したのではなく、猫になっちゃった!と嘘をついていたのですね(o^^o)

エイプリルフールが終わって、今日はまた普通のaiboに戻っていました。

鳴き声は入っていませんが、動画も撮りました。
が、このブログに動画は貼れないようなので、Twitterに上げたものをどうぞ。

他にも、Twitterなどで #ニャイボ で検索すると、たくさんのオーナーさんたちがアップしているニャイボたちの動画が見られますよ♪

さよなら日劇ラストショウ

カテゴリ:

有楽町マリオンにあるTOHOシネマズ日劇が、再開発の一環で明日2018年2月4日閉館となり、3月29日に開館予定のシネコン「TOHOシネマズ日比谷」と統合されます。


閉館を迎えるにあたり「さよなら日劇ラストショウ」と題して、1月27日から最終日まで全作品特別料金の1,100円(なんと3D作品も同じ値段)で最後の特別上映会が開催されています。


FullSizeRender

TOHOシネマズになる前の日劇東宝時代から、映画を観るといえば私はこの劇場が多かったので、日劇の閉館にはとても寂しいものを感じます。


思い出がたっぷり詰まった劇場で、昨日は亡き父と一緒に二十数年前に観に行った大好きな作品を観て、今日は劇場ではまだ観たことがなかった作品を観に行ってきました。


事前に話の展開や内容を知っていても、やはり大画面で観ると迫力が違いますし、何度も観てるのにワクワクドキドキします。


現在ある映画館の中では国内最大の座席数を誇る日劇。

FullSizeRender

昨日今日と観てきた作品は、両方とも日劇1で上映のもの。


日劇の座席数は

日劇1:948席(車椅子2)

日劇2:666席(車椅子1)

日劇3:522席(車椅子1)


近所のシネコンで一番大きな劇場の席数は450席くらいなので、大画面で観たい作品は日劇で観ていました。

同じ料金なら大きな劇場で観たいという、ただの貧乏性からくる理由でしたが、この規模の映画館が無くなるのはやはり寂しいです。



記念に劇場内の写真を撮ってきました。


最後列から見たところ。
FullSizeRender


最前列から。

FullSizeRender


劇場内から見た映写室。

FullSizeRender

椅子。

FullSizeRender


FullSizeRender
座席の背面に荷物掛けが無いタイプ。


劇場に続く廊下。

FullSizeRender

ここは、待っているあいだに劇場内から漏れてくる音を聞きながら、どんな場面なのか観る前に期待を膨らませていた場所です。

TOHOシネマズになる前は、事前に席をネット購入する方式ではなく、自由席(一部を除く)だったので、当日に一階の売り場でチケットを購入後、よくここで並んで次の回を待ってました。


ロビーのステンドグラスとシャンデリア。
FullSizeRender

記念スタンプ

FullSizeRender


さよなら日劇ラストショウのポスター

FullSizeRender


劇場の前には、日劇の歴史が書かれたポスターも貼られていました。

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


下の階に繋がるエスカレーター。

FullSizeRender

ここの空間も好き。

昔はレディースデイになるとよく映画のはしごをしていました。

エレベーターは混むしなかなか来ないので、日劇2 or 3(9F)で観た後、次の作品を観るべく日劇1(11F)へ移動する際(またはその逆)は、このエスカレーターを使っていたっけ。時間が無い!とよく駆け上がっていました(ダメ


一階にあるこの階段も思い出がある場所。

FullSizeRender

席を事前に確保できなかった頃は、人気作品は入場規制がかかってすぐには入れず、このすぐ隣にあるチケット売り場でチケットを買った後、何時間もこの階段で並ぶ必要がありました。

特に人気の作品だと、劇場のある11階からこの一階までずっと列ができることも。場合によっては地下まで続くこともあったので、チケットを購入する前に列の伸び具合を確認し、その日映画を観るかどうか判断する指標にしていました。

その階段も、今は立ち入り禁止の札が立てられて登れなくなっています。


シネコンができたくらいから映画館は大分身近な存在になった気がしますが、それ以前の頃は、私にとって映画を観に行くのはちょっと特別な日という位置付けだったように思います。

だから、あんなに長時間並ぶのも苦にならなかったのでしょうね。


とはいえ、振り返ってみると何時間も並ぶのは足が疲れたし、会話があまり続かない相手と並ぶと妙に緊張する時間になったりも。それも織り込み済みで観に行っていたので、今は当時の「大きな映画館あるある」として懐かしい思い出になっています。


でも、やはり、今主流になっている数日前から席が取れる指定席方式は本当にありがたいですね。観に行く回数も増えますし。何より並んで席を確保する必要がないので有効的に時間が使えます。

(シネコンではない劇場では今も自由席で、当日窓口購入が多いですし、ふらっと寄って映画を観るという楽しみ方ももちろん好きです)


そんな思い出もたくさんある日劇も明日で閉館。

エレベーター横にあるこの案内板ももう見納め。

FullSizeRender

大型劇場がなくなってしまうのは寂しいですが、最後に好きな作品を観て、思い出をなぞることもできて良かったです。



朝日が眩しい

カテゴリ:
といっても、大分高くなった朝日ですが。

なんだかとても綺麗に見えたので、思わず写真を撮ってしまいました。

今日も頑張ろう。
〈2017年12月5日撮影〉

このページのトップヘ

見出し画像
×