カテゴリ:
新京成線(&東葉高速鉄道)北習志野駅。
ターミナル側に出るとこんなカラーデザイン蓋が出迎えてくれます。
江戸を中心に海運輸送に活躍していた海川両用の廻船『五大力船』と市の木・サザンカがデザインされた蓋。

カラーだけでなく、もちろん通常の色無し蓋もあります。

駅名に「習志野」が入っているので、ここは習志野市かと思いきや、マンホール蓋には「ふなばし」の文字が。
敷設された鉄蓋からここが習志野市ではなく船橋市だと分かります。

船橋市のカラーデザイン蓋は、JR津田沼駅、船橋駅、西船橋駅周辺など他でも沢山見られますが、人が多く流れが途切れないので撮りにくかったり、状態があまり良くなかったりする事も多いです。

その点、北習志野駅周辺は、人がいても少し待てばしっかり蓋撮影ができるのでオススメ。

特に駅前のロータリーでは、大・中・小のカラー蓋が一箇所にまとまっています。
場所はエレベーター前。
屋根の下なので天候に左右されにくいのもいいですね。

少し大きめのハンドホール蓋と

ハンドホール蓋。

大・中・小同じデザインでも、少しずつ省略されている場所があるので、間違い探しのように見比べてみるのも楽しいです。

駅から続く商店街にもカラー蓋があり、状態が駅前のよりも良いものがあるので、そこもオススメですよ。