下記ブログから引っ越してきました。

旧ブログ「路上散歩備忘録」(2013年6月〜2017年7月末)はこちらからどうぞ
http://d.hatena.ne.jp/soldier_tetsuko/

紅葉色のNTT蓋

カテゴリ:

紅葉で化粧されたNTT蓋。



歩行者に踏まれて粉々になったもみじ。

ほぼ原型をとどめていないけど、T地紋を埋める素敵な素材になっていました。

朝日が眩しい

カテゴリ:
といっても、大分高くなった朝日ですが。

なんだかとても綺麗に見えたので、思わず写真を撮ってしまいました。

今日も頑張ろう。

いよいよ明日放送!

カテゴリ:
TBS「マツコの知らない世界」のマンホール蓋ネタが、いよいよ明日放送!

我らが駅から師匠とみわさんが出ますよー。


公式HPにある番組の紹介文によると、
『◆「街に出たくなるマンホールの世界」

マンホールブーム到来!「今までカメラに収めてきたマンホールの蓋は1万種類以上!」という白浜公平さんと小金井美和子さんの師弟コンビが登場する。

マンホールを見ればその種類や歴史が紐解ける!その場所にしかない1点モノのマンホール、更には使われていたロゴマークなどのウンチクに加え、鉄くずになってしまったら二度と取り戻せない存在の儚さまで、余すことなく語りつくす!』


とあります。
30分の枠なので、いつもニュースなどのTVや雑誌で取り上げていただくよりも幅広く紹介してもらえそうですね(^^)
(今回流れるだろう内容と同じ事を、私もみわさんも数年前からずっと、毎回取材される度に資料と合わせて話しているのですが、だいたいがカットで、そのほとんどが「マンホール女子、蓋女、可愛い、変わった趣味」辺りの扱いになっていました。
もうね、半ば諦めていますけどね。。。)

今年3月放送されたタモリ倶楽部(くしゃまんべ店長と駅から師匠が出演)では、ちゃんと"マンホールの蓋"のことだけに注目した内容でした。
今回も男性が入ることで、ちゃんと取り扱ってもらえると期待大です。

まあ、そんなことより、私はみわさんと師匠が一緒に出ているのを見るだけで幸せなのですが。
楽しみだな〜♪( ´▽`)

この前のマンホールナイトの様子も多分出ますよ〜!

マツコの知らない世界「街に出たくなるマンホールの世界」は、明日12月5日(火)TBS系列で夜8時57分から放送です!
要必見!

千鳥ヶ淵のダム

カテゴリ:
夜中降っていた雨も、通勤時には上がった九段下。
雨に濡れた落ち葉の匂いが好きなので、深呼吸しながら九段坂を登っていると、いつもより妙に響く水音が。

もしかしてとお堀を覗いたら、お堀のダムから勢いよく水が流れていました。

遅刻しそうで早歩きしていたらあわてたように立ち止まって写真を撮りはじめた私を、怪訝そうな顔で見ながら通り過ぎて行く人たち。

いや、これ、ダムなんですよ!江戸時代に作られた!

と、誰に言うでもなく心の中で囁きつつ撮り終え、一路職場へダッシュしました。

じょぼぼぼぼぼ。

このダムは、北の丸公園や武道館への入り口になっている田安門の手前にあります。
というか、田安門へ向かう時に通る橋がまさにダムの上。

江戸城の周りを流れる小さな川を堰き止めた上水道専用のダム。
この奥にある千鳥ヶ淵はダム湖なんですね。
江戸時代に作られたそうですが、残念ながら今はもうその機能はないとか。

雨上がりの枯葉の匂いとともに、朝から癒されました。

ちなみに、普段はこんな感じ。ちょろちょろとしか水が流れておらず、波紋だけで音もしません。

そういえば、デイリーポータルZの過去記事に、このダムについてが書かれたものがあります。
何度も読んでいるお気に入りの記事。

私はダムには詳しくないので、このダムの詳細こちらをご覧ください。

カテゴリ:
『できること=得意なこと』
ではないなと思うことが最近多い。

余程のことでない限り頑張ればある程度できるだろうし、理解しようと勉強することで自分のスキルアップにもなる。
でも、それは仕事面のことだけでいい。興味のないものを睡眠時間を削ってまでやる必要はない。

無理はせず、餅は餅屋に任せる方がいい。

『頑張ればできること≒できないこと』

だから、最近は『今現在得意ではないこと』や『頑張ればできること』は「できません」「よく分からないので」と避けるようにしている。

その方が双方の為になるし、自分も守れる。断ることで責任ある行動にも繋がる。

キャパを超えることをやって自分の首を締めまくったり頑張りすぎるのは、かえって迷惑がかかるし、自分も潰れる。

本当に興味を持ってやりたければ、苦手だろうが自分で調べたり勉強したりして、なんとかできるようにするはずだから。その時役に立てばいい。

嫌々やっているのは興味がないのと同義。
仕事でなければ、無理してまでやる必要はない。
自己犠牲が美しい時代ではない。



このページのトップヘ

見出し画像
×