下記ブログから引っ越してきました。

旧ブログ「路上散歩備忘録」(2013年6月〜2017年7月末)はこちらからどうぞ
http://d.hatena.ne.jp/soldier_tetsuko/

カテゴリ:

昨日発売された「はじめての暗渠散歩」を書かれた、高山英男さん、吉村生さんからのお誘いで、この度なんと、暗渠のイベントに出ることになりました!


【続・西荻案内所】(西荻窪駅高架下の西荻マイロード内)で11月 18 日(土)に開催されるイベント「西荻暗渠サロン」の中で、私もスピーカーとして登壇します。


といっても、暗渠に興味はあっても全く知識の無いど素人の私が暗渠の話をする訳ではなく、とある映画の内容に関して◯◯と◯◯を絡めてお話する予定です。


◯◯と◯◯が何かは、ご来場いただいてのお楽しみなのですが、私はそんなに得意分野がたくさんある訳でもないので、まあ、推して知るべしといった感じでしょうか^^;


今までマンホールナイトやマンホールサミットでは何度か登壇させていただきましたが、そのどれも同好の士が相手。


今回の舞台は「暗渠」。

暗渠とマンホール蓋は深い仲ですが、他の趣味で集まる方達の前でお話するのは今回が初めて。

緊張というか、私で大丈夫なのか?という不安の方が大きいです。


でも、ガッチリとした研究発表という形式ではないので、楽しみながらお話できればと思っています。


いつも仲良くしてもらっているみわさんも一緒に出まーす!


お時間が合えば是非遊びに来てください(*´꒳`*)


Apple Watchで金属アレルギー?

カテゴリ:
Apple Watchをし始めて一年ちょっと。
なんだか最近手首の内側がちと痒いなーと思っていたら、今日皮膚が赤くなっているのを発見。

これは、もしかして金属アレルギー?

アップルのHPのApple Watchのページには特定の物質に対して皮膚が敏感な方」という項目でApple のデバイスに使われている素材は、徹底した配慮と綿密な調査・研究をもとに選び抜かれています。すべての素材が関連法規制をクリアしている」とあります。

たまたまなのか稀に出る金属アレルギーなのかは分かりませんが、ひどくなったらまずいので、とりあえずこんな風にバンドエイドで金属部分を覆って対処してみました。


まあ、外から見えないからいいか(ノД`)

これでもまた痒みやかぶれが出てきたら、この前新しく出た「スポーツループ」を買うしかないかなー(でも、これちと安っぽいんですよね)

山手線古地図散歩

カテゴリ:
普段JRを使わないので知らなかった!
山手線古地図散歩というモバイルラリーが開催されているのですね。
これは、やらねば!

まだパンフレット置いてあるかなー。

本日マンホールナイト開催です!

カテゴリ:
さて、11月3日(金・祝)になりました。
本日は文化の日、マンホールナイト9開催日です!

今回も素適なゲストをお呼びしているので、どんなお話が聞けるか私もワクワクしています(^^)

これから最後の準備!
楽しく無事終わるといいなー。


【追記】
初の文京スカイホールでのマンホールナイト。

開始時の15時半は明るかったのに、いつのまにか日が落ちて26Fから素敵な夜景が見えました。
まさに「ナイト」という感じですね。

反射して人がバッチリ映ってしまったので、トリミング。

みなさん、休憩時間の度に窓に集まって夜景を堪能しつつ会話されていました。

無事終了し、家に帰ってホッとしながら追記しています。
本日ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました(o^^o)

今日はイイフタの日!

カテゴリ:
今日は11月2日。
イイフタの日でござい桝。
そして、マンホールナイトの誕生日でもあります。

ということで、昨日に引き続き今日も古書カフェくしゃまんべにて、実行委員のメンバーみんなで明日のマンホールナイトに向けての準備と打ち合わせをしてきました。

お店に着くと、われらが林丈二先生と広島市の蓋を全て見尽くした飯田さんがいらっしゃっていました。
お二人ともマンホールナイトに来てくださる予定です!

林先生が30年前に出版し、われわれマンホーラーが教科書(またはバイブル)と呼んでいる「マンホールのふた 日本編」が20数年ぶりに重版!╰(*´︶`*)╯

11月15日発売だそうですが、それより少し後に刊行された「マンホールの ヨーロッパ編」。なんと、林先生がその色校を持って来てくださったのです!

林「もうこれ、捨てようと思ってて」
ナイトメンバー全員「いやいやいや!!待って!それ捨てちゃダメだから!」

ということで、マンホールナイト実行委員会に譲っていただいたのでした。





これ以外にも沢山。

林先生「本と同じだから、別に何も変わらないんだけどね」

いやいやいや!!!

トンボがあるよっ!!
製本前の印刷物だから当たり前だけどっ!


色校の状態で見られるだけでもレアですよ!
仕事で色校は見慣れていますが、これはもう、貴重すぎて!!

しかも、この本は1986年刊行なので、もちろんアナログ版下&製版。
トンボも中身のケイももちろん手書き。
(会社に入ったばかりの頃の辛くも初々しく楽しいころを懐かしく思い出しました)

色校以外にも処分する物をいろいろと託してくださり、今まで撮ってきた写真(紙焼きの物)や漫画に見るマンホールの蓋の資料などなど、貴重な資料を手に取って拝見できる幸せ。

打ち合わせそっちのけでみなキャッキャして興奮しっぱなし。

その中のいくつかを。

今はもう博物館でしか見られない(と思われる)、神奈川県旧戸塚町の量水器!!
片仮名で「トツカ」!
カッコいい!!!

現在、西谷浄水場に保管されているそうですが、実際に行ったみわさんが撮った写真を見せてもらったところ、この林先生撮影の蓋の方が数十倍状態が良かったです。
やはり、現役の状態を抑えておくのは重要ですね。

そして、ガスMの謎が明らかに。
「Mはメタンガス」
なので、今はもう見られない蓋です。

素晴らしい!

その他「岸壁電話」なるものの存在を知り、「岸壁電話: 岸壁にけい留する船舶に設置する臨時加入電話」という答えを得、「なぜ燈孔蓋は人を惹きつけるのか」を議論したりと、いつも通り楽しく濃い時間を過ごしながら資料閲覧後、twitter上で呼びかけをしつつ各自のカメラロールに入っている蓋をツイート。

そんなことをしていると、「#イイフタの日」がトレンドに!

ナイトメンバー以外にも、twitterでの呼びかけに応じてくださった方々が次々にお気に入り蓋のツイートをしてくださいました。

けろりんさんが今日の盛り上がりをまとめてくれました!

明日はいよいよマンホールナイト当日!
参加されるみなさま、お会いできることを楽しみにしております。


このページのトップヘ

見出し画像
×