2017年8月に下記ブログから引っ越してきました。

旧ブログ「路上散歩備忘録」(2013年6月〜2017年7月末)はこちらからどうぞ
http://d.hatena.ne.jp/soldier_tetsuko/

『美しい万年筆のインク事典』購入

カテゴリ:
本は好きなのですが、どうしても置き場所を取るので、ここ数年はできるだけ電子書籍版で買うようにしています。
ただ、物によっては電子書籍化されていない物もあるので、その場合は購入をためらったり諦めたりすることもしばしば。

Twitterで告知を見て以来、欲しいなと思っていた『美しい万年筆のインク事典』。電子書籍版が無いので、置き場所問題で悩んで予約していなかったのですが、発売後、フォロワーさんが文庫サイズとツイートしていたのを見て即ポチりました。
98A69798-D15B-4536-BA5F-28F9E34E974F
サイズ比較用に私の相棒・パイロットのエラボーちゃんと

C4A3D702-8D16-4EF4-9D2A-EA613CE75BD7
BCEDFFEA-13C5-4B76-9CF1-B9CA234DB528
サイズ感良し。持ち歩きもできますね。
色別で比較しやすく探しやすく、情報量も多すぎず、基本的なことが頭に入ってきやすいので読みやすい。
巻頭には三つ折りのメーカー別色見本帖が付いていて便利そうです。


美しい万年筆のインク事典
武田 健
グラフィック社
2020-06-08


【お知らせ】【お知らせ】ニュース東京の下水道最新号(No.259)が発行されました

東京都下水道局広報誌「ニュース東京の下水道」最新号No.259(2020年6月号)が発行されました。
71412009-BEDF-4113-981F-67A25132C259
都の下水道局施設や役所、都営線各駅等で配付中!
コラム『鉄蓋大好き!』第21回は“マンホール蓋の下に広がる安心”です。
新型コロナ感染拡大の影響にともなう緊急事態宣言下で感じたことを書きました。
ぜひご覧ください。

そして。
表紙にはマンホール蓋がたくさん隠れています(^^)
IMG_9035


IMG_9034

昨年度に引き続き、今年度の表紙にも何やら楽しみな仕込みがある様子。今回は何かな?
3399439C-14BB-4D84-B369-5F37C845E07E
 あの子、かな?

IMG_9032
裏表紙には、『水にアツいよ!下水番長』はじめ、学生制作動画が紹介されています。 
下水番長は以前存在を知って以来、めっちゃ気になってるのですが、リーゼント部分の蓋地紋がとてもイイですね!
 

2020年4月分の【お知らせ】(遅い…)

カテゴリ:
中日新聞長野版(2020年4月5日付朝刊)にインタビュー記事が掲載されました!
 IMG_8468
「マンホールのふたが熱い!多彩デザイン 足元の『お宝』」という記事。
マンホール蓋の技術の高さやデザイン化された理由、マンホールカードのことなどと合わせ、中信地域のマンホール蓋の事が載っています。私は鉄蓋の魅力について以下のようなお話しさせていただきました。

”ふた探しは宝探しに似ている”
”その土地の歴史や地中に広がるインフラ網、土木技術や工夫など、気付かなければ見えてこないことを知る楽しさ”
”踏まれることで表面にその土地の人の営みや歴史を刻み付け、今に残している魅力”
”全国どこにでもある手軽さ”
”自分の住んでいる街の歴史を知るきっかけになる”

上記の内容はいつも取材されるたびにお話していることなのですが、記事では行数も多くさまざまな魅力について取り扱っていただけて、とても嬉しいです。
老若男女、自分のペースで楽しめるマンホール蓋観察、いいですよー! 

そういえば、ここ数年「マンホール女子」枠での依頼も無くなり、いちマンホール蓋愛好家として取り上げていただけるようになったのもありがたいなと思っています。

2020年3月分の【お知らせ】(遅い…)

カテゴリ:
今年はバタバタしていて、昨年以上に更新が滞っているこのブログ。
路上観察の備忘録として始めたのに、もう機能しているのかすら怪しいこのブログ。
それなのに、毎日ご覧いただいている方がいらっしゃるようで恐縮しております。ありがとうございます!
最近はSNSでの投稿率も低くなっているので、ブログくらいはもう少し頻繁に更新したいなと思っています。
とはいえ、本来ならば、【お知らせ】だけはその都度発信してたのに、それすらできていなかったという体たらく。。。

以下は、既に発行はされているものですが、遅ればせながら【お知らせ】です。

===============

マンホールの蓋から日本を知るシリーズとして『マンホール大百科』が発売されました!
東日本編(3月10日発売)と西日本編(3月26日発売)の2冊。
各市区町村の図書館や小学校の図書館などで取り扱われている大型本ですが、Amazon他、個人でも購入できます。
 
 「眺めているだけでも楽しい、読んでもっと楽しめる、日本初の子ども向けマンホール本の決定版」
 
都道府県別・テーマ別に多数のカラー写真と共に分かりやすい文章で掲載!
著名マンホーラー他、私もほんの少し資料提供と編集協力をさせていただきました。 
IMG_8349
「マンホール大百科/東日本編・西日本編」(鈴木出版)

IMG_8350
2冊セットで購入すると、ケース入り!

IMG_8352
奥付には有名マンホーラーの諸兄のお名前が
 
皆様の素敵なマンホール蓋写真が豊富に掲載されています!
ぜひお手に取ってご覧ください!

 

このページのトップヘ

見出し画像
×