下記ブログから引っ越してきました。

旧ブログ「路上散歩備忘録」(2013年6月〜2017年7月末)はこちらからどうぞ
http://d.hatena.ne.jp/soldier_tetsuko/

写研の写植見本帳を発掘

カテゴリ:
実家に置きっ放しの物を整理していたら、写研の写植見本帳とレターの写植級数表を発見しました。

FullSizeRender
表紙に貼ってある、当時取やりとりしていた写植屋さんの名前と連絡先は塗りつぶしています。

級数表はかなり変色していますね。使用するのに問題はありませんが、時の流れを感じます。

他にもリョービとモリサワの写植見本帳を持っていたはずなのに、それらはとうとう見つからず。

写研の見本帳は中綴じで、リョービとモリサワのは無線綴じ。なので、後発は随分と種類が豊富だなー(だけど使いにくいなー)という感覚でした。
それと、今と違って写植屋も全種類の写植書体を揃えているわけではなかったので、使える書体は今よりも限りがあったように思います。
というか、MB101やMB31ほか、ほんの数書体しかリョービやモリサワ書体は使っていなかったかも。
それだけアナログ時代には写研の写植が主流でした。
特にリョービの見本帳はほぼ開かなかったかも。
(リョービは白地に黄色と黒の表紙で、モリサワは地色が濃い青で白抜きで文字や模様が入っている表紙だった記憶があります)

そんな感じだったので、DTPに置き換わった時、ここまでモリサワが台頭してくるとは思ってもいませんでした。
それどころか「なんで写研はフォント化しないの?早くしてくれればいいのに」と、写研写植のフォント化を心待ちにしていたくらいだったのに。

今の職場では、写研やリョービの存在を知らない人がほとんど。
「リョービって釣り具の?」と聞いてくる人もたまにいましたが、今ではその釣り具も上州屋に移譲して作ってないですし。

職場で保管している会社もほとんどなさそうなので、この見本帳達はアナログ時代の記憶として大切に取っておこうと思います。

フリクションボールのおしり部分

カテゴリ:

消せるボールペン・フリクションボール。

消す時にはおしり部分で消しゴムのようにゴシゴシこすりますが、結構磨耗していることに今日気付きました。


FullSizeRender

左:新品、右:今まで使用していたもの


別売りでこの部分だけ売っているのも納得です。

GWは断捨離

カテゴリ:
GWはほぼ全ての日にちで衣替え、大掃除、断捨離をしていました。
今回はかなり本格的に断捨離したので、今後は今までより少しだけ使いやすい部屋になりそうです。

発掘した懐かしい物たち。
その1

Appleの6色リンゴシール。

FullSizeRender

Performa 、Power Macintosh 、PowerBookを購入時に付いてきたものかな。懐かしい。
今の白リンゴもいいけど、やはりMacといえばこの6色リンゴの印象です。

その2
漢委奴國王印のレプリカ。
FullSizeRender

学研の科学と学習の付録についていたものです。


文具箱から発掘。懐かしい。

小さい頃のお気に入りでした。

n十年以上前の物をよく取ってあったなー。しかも使った形跡があるし。


今回の断捨離でもこれらはそのまま取っておこう。

水道排水弁の角蓋

カテゴリ:
ちょっとでべそな水道排水弁の角蓋。
FullSizeRender

これは、右書きだったらレアな蓋。
でも、この四つに分けた内の一つに都章が入ったタイプのこの蓋はもう最近はあまり見かけなくなってきましたね。

〈2018年4月28日撮影〉

たばこ屋のLARK看板

カテゴリ:

たばこ屋さんにあったLARKの電灯看板@東京都荒川区西尾久。

FullSizeRender

看板の横には「竹内たばこ店」と彫られた金属板が付いています。


店先はKENT推し。


〈2018年4月13日撮影〉


このページのトップヘ

見出し画像
×