2017年8月に下記ブログから引っ越してきました。

旧ブログ「路上散歩備忘録」(2013年6月〜2017年7月末)はこちらからどうぞ
http://d.hatena.ne.jp/soldier_tetsuko/

【おしらせ】ニュース東京の下水道最新号(No.255)のweb版が更新されました

カテゴリ:

お知らせが遅れましたが、東京都下水道局HPの「ニュース東京の下水道」ページが更新されました(No.255、2019年6月号)。


いつもは紙媒体発行半月後にweb掲載されるのですが、今回は発行と同時にwebにも掲載されていたようです。


FullSizeRender

コラム『鉄蓋大好き!』第17回は“ワープしてきたマンホール蓋?”です。

どうぞご覧ください。


【お知らせ】ニュース東京の下水道最新号(No.255)が発行されました

カテゴリ:

東京都下水道局広報誌「ニュース東京の下水道」最新号No.255

(2019年6月号)が発行されました。

IMG_4138

都の下水道局施設や役所、都営線各駅等で配付中!

IMG_4149

コラム『鉄蓋大好き!』第17回は“ワープしてきたマンホール蓋?”です。

ぜひご覧ください(^^)


追記:shuhoo!の「東京都/下水道局のチラシ」のページに、ニュース東京の下水道が掲載されているようです。知らなかった!
こちらから下水道局のHPにアップされる前に読めますよ。

【お知らせ】『マンホール趣味を知るためのキーワード』公開!

カテゴリ:
今日は令和元年5月1日。

マンホールナイト実行委員会監修マンホール趣味を知るためのキーワード』の無料版がマンホールナイトHPに公開されました。

IMG_3297

本書は、マンホールナイト界隈のマンホール愛好家の間で通用している専門用語(造語)や、独自の意味合いをもって通用している用語の意味を解説するものです。(本書「はじめに」より抜粋)

毎年11月に開催されているマンホールナイト。
「興味があるけどあまり詳しくないし、参加しても分からないんじゃないか」「いつもなんとなく聞いているこの言葉ってどういったことなんだろう」という疑問を助ける内容。
これを読んでマンホールナイトに参加していただけるとより講演内容を楽しめると思いますよ。

無料公開版はテキスト解説のみで、有料の冊子版は5月11日に開催予定の World Manhole Festival(参加申し込み終了)で販売予定です。

初心者向けとして作成していますが、常々マンホール趣味を楽しんでいらっしゃる方にも楽しめる内容になっていると思います。
有料版では貴重な資料満載でさらに理解を助ける内容となっています。
WMFご参加の方はぜひお手にとってみてください。そして、今後も販売の機会があると思いますので、その際にはぜひお買い求めください(^^)

追記:
5月11日開催ワールドマンホールフェスティバル(WMF)にて初回分全て完売いたしました。
ありがとうございました!
今後の発売については未定ですが、毎年恒例ら11月開催予定のマンホールナイトでも販売するかも?

小田原ガスの蓋

カテゴリ:

小田原駅から小田原城址公園へ続く道で見つけた小田原ガスの蓋。

FullSizeRender

長島鋳物の籠地紋蓋。鋳物の人孔口環で囲まれた立派な蓋ですね。

下水道の蓋によく使われています。


が、紋章台には「G」の文字が入った紋章が。

あれ?ガス?…じゃないよね??


これは先日(4月6日)開催された小田急電鉄×TABICA『小田急線偏愛紀行』小田原マンホールツアー(案内人:駅からマンホール氏〕に行った時に見つけた蓋なのですが、参加者の中に某局の中の人がいらして「これはガスではなく下水道関連の何かですね」とおっしゃっていたので、てっきりガス蓋ではないと思い込んでいました。


謎蓋としてTwitterに上げたところ、ものの数分で三人の方から「小田原ガスの蓋です」とレスが!

…調べもせずアップしてしまいすみません。

そして、情報をありがとうございました。


しかし、こんなにも下水道蓋なガスの蓋はあまり見たことがなかったかも。

中の人がガスではないというのも納得してしまいます。


FullSizeRender
紋章部分のアップ

紋章カッコいい!
しかし、千葉の大多喜ガスといいこの小田原ガスといい、なぜガス会社の紋章はこんなにもカッコいいのか。


おまけ
FullSizeRender
ツアー参加者全員で撮った蓋記念写真

親子蓋なので8人でも余裕ですね。


〈2019年4月6日撮影〉

このページのトップヘ

見出し画像
×